ビオチンにはどのような作用があるのですか?

ビオチンには、皮膚炎を予防してくれる効果があります。

一つはアトピー性皮膚炎。ビオチンは腸の中で作られるビタミンなのですが、腸内のバランスが悪くなったりするとビオチンが作られず、さまざまな皮膚トラブルが起こります。アトピー性皮膚炎もその一つ。

sa

遺伝的素因に由来して、特に皮膚の角質にトラブルを起こすアトピー性皮膚炎。ビオチンはたんぱく質、アミノ酸の代謝を促進してくれて、このアトピー性皮膚炎を改善させてくれます。

また、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)という、皮膚表面に菌を含まない水ぶくれのようなものができてはつぶれることを繰り返すような疾患でも、ビオチンは改善させてくれる効果があります。

ビオチンのサプリ、どのようなものを選んだらよいの?

ビオチンのサプリメントには、多くの種類があります。いったい、どのような基準でサプリメントを選んだらよいのでしょうか?

ビオチンはビタミンHとも呼ばれたことがありますが、実際にはビタミンB群の一種。水溶性ビタミンなので、体に吸収されない分は排泄されますから、多く摂取する分にはあまりに過剰でなければあまり心配はいりません。なので、ビタミンB群が多く含まれているサプリを選びましょう。

また、タブレットタイプとカプセルタイプとがありますが、大きさによって飲みやすさが人によって違います。また、ビオチン以外のビタミン類が多く含まれているサプリメントを選ぶと、多くの栄養素を摂取できるので、健康的な生活を送ることができるでしょう。

▲ページトップに戻る